①どんな本か
・雑誌『経済セミナー』の増刊本で、コロナ禍に対して、経済学がどのように対応しているか、どのような貢献をしているかをまとめた本です。

②どんな内容か
・全体は4つのパートに分かれています。
・パート1は、「経済学はパンデミックにどう対峙するか」というタイトルで、経済学者と公衆衛生学者の対談、感染症対策と経済活動の両立を分析するモデルをたちあげた二人の経済学者へのインタビューが掲載されています。
・パート2は、「感染症対策の経済学」のタイトルで、3人の経済学者による、それぞれSIRというマクロモデル、感染症疫学、行動経済学の論文が掲載されています。
・続く、パート3では、「新型コロナ危機が経済に及ぼす影響」というタイトルで、消費、労働市場、テレワーク、格差、教育、感染状況への認識、企業ダイナミクス、医療体制の現状分析の8本の論文が掲載されています。
・最後のパート4では、「新型コロナへの政策対応と評価」というタイトルで、先進各国、財政政策、労働者への支援策、特別定額給付金、小規模企業への支援策の各対応とその評価の5本の論文が掲載されています。

③どんなところが役立つか
・新規感染人数○○人、大変だ、緊急事態宣言、じゃあ動けない困った、などコロナに対しては目の前の情報に反応しがちですが、経済学者がこんな広範囲にコロナに向き合っていることを知るだけでも、経済学に対する信頼感が生まれる本です。
・ナッジの効果、ビッグデータによる生活様式の変化を取り上げた論考では、「へーそうなんだ」という事実が紹介されています。授業のネタに役立つ情報でしょう。

④感想
・活字が小さく、数式やグラフなども登場して正直かなり、読むのに躊躇するところもありましたが、それを超えると、役立ちそうだという部分がうかびあがってきました。
・北海道の山﨑辰也先生(北見北斗高校)は、いろいろなヒントが浮かび上がる面白い本と評価していました。ちょっと専門的ですが、夏休みなら手に取ってみる余裕もあるのではないでしょうか。

(経済教育ネットワーク  新井 明)

①どんな本か
・「ある雑誌で一番わかりやすい行動経済学の本として紹介されてるよ」と篠原代表から教示いただいた本で、「サクッとわかるビジネス教養」というシリーズの一冊です。

②どんな内容か
・全体は6章で構成されています。
・第1章は行動経済学の概論、第2章はヒューリスティック、第3章はプロスペクト理論、第4章はマーケッティングに活かす行動経済学の活用事例、第5章はナッジ理論、第6章はビジネスで役立つ応用法となっています。
・本文は少なく、カラーのイラストで直感的に理解できるようになっています。

③どこが役立つか
・消費者教育や金融教育の時間には、授業のネタに直接活用ができるでしょう。
・行動経済学そのものを経済の授業本体のなかに組み込むのはなかなか難しいところがあるので、この本のビジネスの成功事例を生徒指導や生徒の学習へのモチベーションアップのために使ってみるとよいかもしれません。

④感想
・大竹文雄先生の『行動経済学の使い方』(岩波新書)と併用して、こんな風にかみくだいたり、見える化したりすれば生徒が興味をもって取り組める授業がつくれるのかと感じることができる本かと思いました。
・「サクッと分かる」ことは、「すっと忘れる」という面もあるので、ここからさらに学問的に行動経済学の位置づけを関連の本で考えてみることも夏休みならではの取組みになろうかと思います。

(経済教育ネットワーク  新井 明)

①どんな本か
・日経新聞に2021年1月から連載された「逆境の資本主義」「コロナと資本主義」という特集のシリーズをもとに編集された本です。
・著名人のインタビューと解説をもとにした本なので、これも「サクッと分かる」本に分類される本になっています。

②どんな内容か
・全体は二部で、PART1は「逆境の資本主義」を、PART2は「コロナと資本主義」となっています。
・前半では、1さびつく成長の公式、2変質するくらし、3自由民主主義に試練の3章で、資本主義の停滞、デジタル化、証券市場の変質のタイトルで、現状の分析を扱い、関連したインタビューと各章末にnoteとして資本主義に関するイラスト入りの歴史を掲載しています。
・後半は、4パンデミック来襲、5再生への道の2章で、コロナ禍の企業、移民問題、政府の役割、所得保障を扱い、同じく関連のインタビューが掲載されています。

③どんなところが役立つか
・直接役立つというより、著名人のインタビュー35人分を読み、大きな意味での時代理解の手がかりを得るための本といえるでしょう。
・イラストの資本主義の歴史は、ざっくり理解するには手頃な内容。ただし、スミスの箇所など、スミスはこんな単純なことは言っていないよと突っ込みたくなるレベルであることは承知しておきたいところです。

④感想
・日経新聞が「資本主義」という用語を使い、その危機をテーマにするなんてと思ったので手に取りましたが、結果としては資本主義の進化を目指すという経済新聞ならではの結論の本でした。
・それでも、環境問題、格差、短期利益を目指す株主資本主義批判など、取組むべきテーマが浮かび上がる本にはなっています。
・気になった論者の本をさらに探して、本格的に資本主義の問題に挑戦して授業を組み立てる先生、出でよ!などと叫んだら時代錯誤か。

                                               (経済教育ネットワーク  新井 明)

                                                   

①どんな本か
・加藤一誠先生(慶應義塾大学)他3人の先生方が編者となって作成された航空・空港に関する現状と課題を展望した本です。
・サブタイルに「アフターコロナを見据えて」とあり、昨年来のコロナによる航空産業、インバウンド問題などの激変を踏まえた最新の記述になっています。

②どんな内容か
・全体は5部、序章と終章と本文25章で、全27章からなっています。
・第Ⅰ部は航空需要の増大と対応、第Ⅱ部は受け皿としての航空活用、第三部は航空・地域の持続可能な経営、第Ⅳ部は効率の基盤となる問題、第Ⅴ部は今後の航空・空港の論点という構成で、航空・空港を巡る論点がほぼカバーされています。

③どこが役立つか
・高校公民科では直接航空産業や空港を扱うことはありませんが、競争や地域の活性化のケーススタディとして使うことができそうです。
・地理では貿易、交通、観光など飛行機や空港に関する問題を直接扱います。地理が必修になって、担当される先生もでてくると思います。その際の授業づくりの参考として活用できるでしょう。
・地域課題の研究で探究活動を行う場合、扱われている事例(佐賀空港など)を参考にして調査などを行うヒントになるでしょう。

④感想
・序章で、航空産業と国の特別な関係が指摘されています。そうなんだ、確かにという感想を持ちました。
・また、羽田空港の発着枠(スロット)の配分が、政府の委員会での配分で、オークション方式でないことが課題として指摘されていて、航空産業や空港の特殊性を感じました。
・終章の対談で、そら(空港)とうみ(港湾)を一体として議論しているところが印象的です。貿易品の取り扱い高のクイズで、引っかけ問題として登場する「みなと」には二つあり、関連していることが分かります。

                                                   (経済教育ネットワーク  新井 明)                  

こちらのサイトから読めます。

①どんな本か
・これは先月紹介した、齊藤誠先生の『教養としてのグローバル経済』(有斐閣)のなかに「高校生でも読める参考文献を」という編集者の要求に応えるものとして、齊藤先生があげた一冊です。
・Core Projectは、欧米といっても、主に欧州の経済学者(フランス、ドイツ、イギリスなど)が参加して、新しい経済教育を目指してテキストの編集やオンラインで高校から大学院レベルまでの教育行っています。
・齊藤先生が推薦するのは、フリーで公開されている学部入門レベルの経済学のテキストです。ほかに、コロナ関連のデータや分析のコーナーもあります。


②どんな内容か
・全体は22章からなっています。目次を紹介しておきます。
1—資本主義革命  2-テクノロジー、人口、および成長  3-希少性、仕事、選択
4-社会的相互作用  5-財産と権力:相互利益と対立
6-会社:所有者、管理者、および従業員  7-会社とその顧客 
8-需要と供給:価格決定と競争の激しい市場 9-労働市場:賃金、利益、失業
10-銀行、お金、およびクレジット市場 
11-レントシーキング、価格設定、および市場のダイナミクス 
12-市場、効率、および公共政策  13-経済変動と失業  14-失業と財政政策
15-インフレ、失業、金融政策  16-長期的な技術の進歩、雇用、生活水準 
17—キャップストーン:大恐慌、黄金時代、そして世界的な金融危機
18—キャップストーン:国と世界経済
19-キャップストーン:経済的不平等
20-キャップストーン:環境の経済学
21-キャップストーン:イノベーション、情報、ネットワーク経済
22-キャップストーン:経済学、政治学、および公共政策
・基本的な内容はいわゆる主流派経済学のものと同一ですが、特徴として、具体的事例を取り入れて、課題解決的な書き方をしていることがわかります。それが17からのキャップストーン(総仕上げの探究学習)のところで大きく出ています。


③どんなところが役立つか
・アメリカではCEEが経済教育のスタンダードを提供して、大きな影響力をもっていますが、それとはことなる欧州型の経済教育の内容を知ることができます。サブタイトルが「世界を変えるための経済学」となっていることに象徴されるように、課題解決型の学習志向を持ったテキストです。
・アメリカのマンキューやクルーグマンなどのテキストと比較しながら、読む(眺める)と同じ資本主義国でも、肌合いがかなり違うことが実感できるはずです。ここから、日本の私たちが得られる教育的な課題は何かを考えることができると思われます。
・各セクションの最後にある、質問に答えてみて、自分の経済知識や問題意識を見直すこともよいかもしれません。


④感想
・むかしイギリスの高校生向けの経済学のテキストを入手したことがあり、地理的要素や環境問題などをいち早くとりいれていたのが印象的でした。
・このテキストでも、その特徴が良く出ているのではと感じます。
・Core Projectはアメリカにも進出しはじめて、アメリカの経済教育を改革しようとしています。はたして、どこまでそれが可能になるか、興味深いところです。
・夏休みに英文で挑戦するも良し、翻訳で読むのも良しです。Google翻訳でもそれなりの内容はつかめるようになってきています。そんな技術進歩の実例として、PCで読むのが良いかもしれません。ちなみに、紹介した目次は、Google翻訳の引用です。

(経済教育ネットワーク  新井 明)

①どんな本か
・一冊ではなく、シリーズを紹介します。
・ご存じ、放送大学のテキストです。ネットワークでは、西村理先生が『経済学入門』、野間敏克先生が『金融と社会』を書かれています。
・放送大学の講義のための紙ベースの教材(印刷教材)です。

②どんな内容か
・それぞれの科目の講義内容(15回分)がコンパクトにまとめられていて、その分野のアウトラインを知ることができます。

③どんなところが役立つか
・授業準備のために、大学レベルの内容を確認したいときに手もとにあると便利です。特に、自分の専攻でない隣接分野に関して教えなければいけくなった場合、どこをどう切り込んだら良いかの手がかりがえらます。
・公民分野は、政治学、法学、社会学、哲学、倫理学など幅広く教えなければいけないし、学校によっては、日本史や世界史、地理まで教えなければいけなくなりますが、そんな時に、大学レベルの標準的な内容を押さえる場合に力を発揮します。

④感想
・これを紹介するきっかけは二つありました。
・一つは、株式会社の説明をした時に、出島とオランダ東インド会社の関係に触れました。説明をしているなかで、そういえば東インド会社は1799年に解散しているけれど、その後の出島貿易はだれが担ったのかということをふと思い、いろいろ調べようとしたのですが、そんなトリビアルな疑問は、分からないと言う答えでした。
・それが、昔の放送大学のテキスト(金井圓『近世日本とオランダ』)にあったのです。このテキストから、長崎貿易を巡るいろいろ興味深い事実もわかりました。
・もう一つは、第一次世界大戦からその後の日本の貿易収支のグラフに関する質問を寄せられて、その回答に一番役立ったのが、やはり放送大学のテキストを書籍化した本(三和良一『概説日本経済史近現代』)だったことです。
・歴史関係は、最近特にちょっとどうかなと思うようなおもしろ本がでていて、それをもとに授業をするような実践例などもありますが、歴史だけでなく、やはりきちんとした学問ベースを押さえた授業を行うためにも、放送大学のテキストは有効かと思います。
・全く違うジャンルに挑戦するときにも、よい羅針盤役を果たしてくれるでしょう。
・難点をあげれば、ちょっと高価なこと。でも、そのくらいの投資は授業のために必要か。夏休みに一冊手に取ってみませんか。

(経済教育ネットワーク 新井 明)

①どんな本か
・一橋大学名誉教授で現在は名古屋大学教授の齊藤誠先生が、商業高校向けの科目として新たに設けられた「グローバル経済」(旧「ビジネス基礎・応用」)の教科書として書かれた原稿をもとに一般向けに書き下ろした本です。
・齊藤先生曰く、「「グローバル経済」の学習指導要領の解説はとても良く出来ていて、新しい社会科教科書の誕生を予感させるところがあった」ので、「16歳から18歳の若者に向けて新しい教科書を作ってみたかった」という意欲に満ちた本です。
・全体は5章からなっています。そのうち、第1章から第4章までは学習指導要領通りの構成で、最後の第5章は独立に書き下ろされています。
・目次は以下の通りです。
 CHAPTER1 経済のグローバル化と日本
 1-1 グローバル化と国際化
 1-2 日本経済の現状
 CHAPTER2 市場と経済
  2-1 市場の役割と課題
  2-2 経済成長
  2-3 景気循環
  2-4 経済政策
 CHAPTER3 グローバル化の動向・課題
  3-1 人材のグローバル化
  3-2 財とサービスのグローバル化
  3-3 金融と資本のグローバル化
  3-4 情報のグローバル化
 CHAPTER4 企業活動のグローバル化
  3-2 企業の海外進出
  3-3 グローバル化に伴う企業の社会的責任
  3-4 世界との関わり
 CHAPTER5 コロナ禍と経済のグローバル化
  5-1 コロナ禍と経済のグローバル化-いくつかの風景

②どこが役立つか
・なにより齊藤先生の意気込みが行間からにじみ出ている本です。一般に無味乾燥といわれる教科書ですが、こんな教科書が登場してきたことを喜びたいところです。
・第1章のグローバル化と日本では、グローバル化と国際化の違いからはじまり、グローバル化の特徴を四つの側面から紹介します。その筆致は生き生きとしています。
・また、日本経済の現状では、日本経済の歴史を概観し、現在の格差問題、そしてコロナ禍まで具体的にみてゆきます。
・第2章は、ミクロ経済、マクロ経済の見方や考え方の概説部分です。書き方は、具体的な事実や問題を取り上げ、それを理解するために必要な理論を噛み砕きながら説明する構成になっています。
・その際には、「これまでに慣れ親しんできた経済学の教育体系にあまりこだわらないようにした」「経済学を表にあまり出さないようにした」と書かれているように、経済の仕組み、社会の仕組みを理解するために必要な知識をていねいに、ゆっくりと展開されています。
・高等学校の授業だったら、当該項目をどう展開したら良いか、また、理論を噛み砕くにはどんな方法があるのか、自分が使っている教科書の記述や展開方法と比較することで、授業の組み立ての参考になるでしょう。
・例えば、単純な競争と多様な競争の違いを説明した箇所とイラストなどは、これまでの社会科や公民科の教科書では扱われていなかった部分です。
・第3章のグルーバル化に関しては、人、もの、カネのグローバル化の順で最新の動向を踏まえて展開されています。また、情報のグローバル化に関する部分は新しい貿易、新しい取引の事例が出されていて、授業づくり役立ちます。
・第4章は企業活動に即した最近の動向がフォローされています。また、第5章は今現在進行しているコロナ禍の問題が取り上げられています。

③感想
・学習指導要領への絶賛に近い評価が少々びっくりでしたが、いくら文科省の方針や理念が正しくとも大変せっかちで、それが現実の教育現場に大きな負担となっているという指摘は、その通りだと思い、共感しました。
・この本、教科書としては意欲的過ぎるためなのか、出版社の「検定」に合格しなかったと書かれていますが、逆にそれがよかったのかもしれません。一人の著者による経済の筋の通った記述が提示されると同時に、商業高校だけでなくひろく高校生に「自信を持って語れるような、平易であるが、深みのある書物」が提示されるという意図せざる結果となったからです。
・惜しむらくは、コラムの記述ミスがあったり、当初登場していた中華料理屋さんの話が途中から消えてしまうなど、もうすこしつかみのストーリーの工夫があるといいなと思う箇所があったりしたことです。でもそれはほんの少しの瑕疵です。
・新しい経済教育をすすめようと考えている先生方にベンチマークとして、一冊手もとに置いておくと良いと思います。

(経済教育ネットワーク  新井 明)

①どんな本か
・2013年に出された同名の第四版の本の改訂版です。メルマガ2020年5月号で紹介した同じ著者たちの『世界経済図説』の姉妹本でもあります。
・見開き2ページで、片方に解説、もう片方に図やグラフを掲載しています。
・第四版は10章構成でしたが、第五版では「情報通信の発展と情報化社会」が加えられ11章構成になっています。


②役立つところ
・『国勢図会』などとおなじように、図版の部分をそのまま使うことができます。また、解説のページをざっとよんで、日本経済の現状を頭のなかにいれて、自分なりの見取り図をつくることもできます。
・特に、第五版で付け加えられた部分を、第四版と比較して、著者が何を問題としてとらえ、どうそれを評価しているのかを見てゆくと、第二次安倍内閣でのいわゆるアベノミクスの期間の変貌と現代の課題が浮かび上がります。
・MMTやフィンテックなども扱われているので、新しい動向もキャッチできます。


③感想
・解説部分はそのテーマで小論文を書いたらこんな書きぶりになるのだろうな、模範答案だなとの印象を持ちました。では、自分ならどんな答案を書くか、そんな読み方をしても良い本です。
・半世紀以上前、中学三年の時に、同じ新書の『日本経済図説』を担当の先生が使って授業をしていたことを思い出しました。当時の授業の内容は全く忘れていますが、この本とそれを使っていた先生だけは印象が残っています。
・この種の新書を教室に持ち込んで教えるということが考えられない時代になったのだなあと変なところで思い出にひたりました。

(経済教育ネットワーク  新井 明)

①どんな本か
・データサイエンティストで医療経済学者である著者が、命の価値について、様々な角度から分析、紹介した本です。
・取り上げられているのは、同時多発テロ被害者の補償金の違い、裁判での命の価格づけの様々なケース、費用便益分析による命の計算、企業による命の計算と労働市場、生命保険、医療費を巡る命の値段、子育ての値段、認知バイアスによる命の価値の違いなど、数多くの事例と分析です。


②役立つところ
・高校新科目「公共」の「公共の扉」の箇所、「倫理」の現代の諸課題の生命の学習の部分で直接に使うことができるでしょう。また、経済学習のなかでも財政、環境、社会保障などを扱う箇所で使える事例が登場します。
・著者の言う、人命には日常的に値札が付けられていて、その値札が私たちの命に予期せぬ重大な結果をもたらすこと、こうした値札の多くは透明でも公平でもないこと、その公平性の欠如が問題であることを実感するところから、生徒への問いかけが始まる内容です。
・思考実験の例で採り上げられる「トロッコ問題」が「トロッコ問題の問題」として分析されています。ここからは、思考実験だからといって安易に取り上げる危険性が浮かび上がります。


③感想
・評者は、「あなたのいのちの値段はいくらですか?」という問いを、教育法の授業などで問いかけて、そこから経済と倫理の関係の授業づくりの話をしてきました。
・生命倫理を経済の観点からも取り上げることができる、また、必要なことであるということを改めて感じさせてくれる本でした。
・事例はほとんどがアメリカの例ですが、日本だったらどうだろうと比較をしながら読むことを勧めます。

(経済教育ネットワーク  新井 明)

①どんな本か
・2013年に有斐閣の大学向けの教科書ストゥディアシリーズの一冊として出され、好評だった最初の本をベースとした改訂新版の本です。
・今回の本も以前の本も、タイトル通りとにかくわかりやすい、ミクロ経済学の第一歩の本となっています。
・構成は4部12章からなっています。
 第1部は「ミクロ経済学の考え方」で、ミクロ経済学とは?と個人の選択を考えるの2章構成。
 第2部は「理想的な取引環境」で、需要曲線・供給曲線、市場均衡と効率性、理想的な取引環境への政府介入と死荷重の発生の3章構成。
 第3部は「市場の失敗と政府の役割」で、市場の失敗、独占、外部性、公共財、情報の非対称性、取引費用の6章構成。
 第4部は「ゲーム理論」で、ゲーム理論と制度設計の1章構成。計12章で、大学だと半期2単位分、初年度春学期の講義内容に相当します。

②どこが役立つか
・難しいとされているミクロ経済学の内容を、数式をほとんど使わず、一人でも読み通せるように、初学者が引っかかりやすい箇所をていねいに解説しているところは、中高でも、授業の進め方のヒントになる書きぶりの本です。
・交換の利益からはじまり、インセンティブ、トレードオフ、機会費用、限界的の4つのキーワードを押えて、完全競争市場での売手と買手の行動の分析、市場の効率性、市場の失敗の理由とその補正とオーソドックスな展開をして、最後にゲーム理論の入り口まで導く手順など、中高の教科書に書かれているミクロ部分の背景を押えるヒントになるでしょう。
・特にオススメなのは、新版で登場した、「ミクロ経済学の地図」です。これは、価格理論の島、ゲーム理論の島、応用分野の島、未開の新大陸と4つの島で現代経済学の全体像を示したイラストです。
・これを見ると、今学習している箇所がどこに位置するのか、また、これからどんな学習が待っているのかが一目瞭然にわかります。ちなみに、この本は価格理論の島を解説したもので、最後に釣り橋をわたってゲーム理論の入り口に到達するところまでの内容であることがわかります。
・26あるコラムにも、学生がつまずきがちの部分の詳しい説明や補足の説明があります。例えば、コラムの10ではグラフを書くときの注意、11では需要曲線なんて本当にあるのかという問いに対する答えが書かれているなど、これも中高でも役立つ内容が書かれています。

③感想
・かゆいところに手が届くということばがありますが、そんな本です。以前紹介したアセモグルの教科書などアメリカの教科書もていねいで親切ですが、あちらは大部なのに対して、半分以下のページでよくここまでと思わせる本になっています。日本の教科書も進化したものという感想です。
・「この教科書の使い方」に書かれている、実例を探しながら読む、友達に説明してみる、試験問題を作ってみる、というアドバイスは私たち中高の教員にとっても授業のストーリーや構成を考える手がかりになりそうです。

(経済教育ネットワーク  新井 明)