内容の概略
・サブタイトルが「東大1,2年生に人気の授業」であるように、実際に昨年、東大の駒場キャンパスで行なわれた、経済学の導入授業「現代経済理論」をまとめたものです。
・東大の経済学部の現役の研究者がオムニバス方式で、経済学研究の先端の内容と魅力を紹介しているガイダンス本と言えます。
・この講義、500人以上の受講者を集め、そのうち半数が理系コースの学生で超人気講義だったとのこと。
・内容と著者は以下の通りです。(敬称略)
 01 経済学が面白い(ゲーム理論と制度設計)松井彰彦
 02 市場の力、政府の役割(公共経済学)小川光
 03 国民所得とその分配(マクロ経済学)楡井誠
 04 データ分析で社会を変える(実証ミクロ経済学)山口慎太郎
 05 実証分析を支える理論(計量経済学)市村英彦
 06 グローバリゼーションの光と影(国際経済学)古沢泰治
 07 都市を分析する(都市経済学)佐藤泰裕
 08 理論と現実に根ざした応用ミクロ分析(産業組織論)大橋弘
 09 世界の貧困削減に挑む(開発経済学)澤田康幸
 10 歴史の経済分析(経済史)岡﨑哲二
 11 会計情報開示の意味(財務会計と情報の経済学)首藤昭信
 12 デリバティブ価格の計算(金融工学)白谷健一郎
・1,2章がミクロ経済学、3章がマクロ経済学、4,5章がデータをもとにした領域、6章以下は各論という構成です。

授業で使えるところ
・1から3章が注目です。現在の高校までの経済学習の内容と比較して、現在の経済学の関心方向や教育のスタイルの違いを実感することができます。よく、高校までの教科書は最新の研究成果と10年遅れていると言われますが、10年で済むかどうか、そんなことを考えながら読むとよいかもしれません。
・もう一つ、すべての章にテーマと具体例が載っていることです。具体例が経済学ではどのように説明されているかという形で逆に読むことで、最近の経済学の思考法を学ぶことができます。また、具体例は、授業で扱う事例のヒントにもなるでしょう。
・大学の学部選びのガイダンスにもなります。つぶしがきくから経済学部という安易な選択をさせないためにも、経済学部ではこんな内容を研究しているのだということを高校教師(中学校も同じですが)は、生徒に伝えておきたいものです。

感想
・部会などで話題になっている、需給曲線のグラフが一つもでてこないのに注目しました。すでにマスターしていると思っているのか、それともこんなものはいらないということなのか、考えさせられます。
・その1で紹介した『経済教育実践論序説』と一緒に手に取り、高校までの経済教育と大学の経済学教育の差を考えることもよいではと思いました。
・本論よりも、ところどころにでてくるエピソードに面白いものがあります。例えば、02で登場する、フリードマンが登場する『選択の自由』という昔のテレビ番組の「1本の鉛筆の話」。むかし見たことがあるなというので、YouTubeでもう一度確認してしまいました。09に出てくる、公文式の効果なども、そうなのかと思わせるものでした。

(経済教育ネットワーク  新井 明)

内容の概略
・2011年に、夜間に設けられた大阪教育大学大学院実践学校教育専攻(現在は連合教職実践研究科)の裴光雄先生の研究室に関係する四人の現場の先生たちの研究会からスタートした研究会の10年近くにわたる研究成果をまとめた本です。
・当初はキャリア教育をテーマとしていたそうですが、問題関心が広がる中で研究テーマ、メンバーが広がり、小学校、中学校、高等学校の教員と大学の研究者による経済教育の多様な実践研究の相互交流の場として活動してきたそうです。

・本書は、はしがき、本論11章、あとがきに分かれています。
1章、2章は小学校が対象です。
1章は、安野雄一先生による小学校でのカリキュラムマネジメントと実践(コンビニエンスストアとTPP)の紹介です。
2章は、武部浩和先生による、同じく小学校の体験学習実践(あきんど体験学習・100円商店街)の紹介です。
3章から7章までは中学校が対象です。
3章は、関本祐希先生による、経済教育学会の学会誌『経済教育』に掲載された中学校の実践を分析した論考です。
4章・5章は、乾真佐子先生による「経済教育テスト」の紹介・分析とそれに基づく授業改善の実践事例(効率と公正、経済の三主体、国民生活と政府の役割)の紹介です。
6章・7章は、奥田修一郞先生による授業実践(トランプ大統領に就任のお祝いの手紙を送ろう、金融のしくみ)の紹介が続きます。
8章は、高等学校の実践で、大塚雅之先生の「分業と交換」をテーマにした授業実践の報告です。
9章から11章までは大学関係者の論考になります。
9章は、高山新先生による租税教育に関する論考。
10章は、岩田年浩先生による大学が学校の実践から学べることというタイトルの論考。
11章は、裴光雄先生による、韓国の経済教育の紹介と日本の経済との比較の論考です。

授業で使えるところ
・小学校から高等学校まで、実際に授業で行なった実践が紹介されています。その授業をどう組み立てたのか、そのねらいは何か、学習指導要領との関連はどうなっているか、実際の授業では生徒はどう反応したかなどが、詳細に紹介されています。その点から、即、授業づくりのヒントや自分の実践との比較ができるでしょう。
・5章でとりあげられている、中学生向けの「経済教育テスト」を使って、生徒の経済理解力を確かめてみるのも良いかもしれません。
・10章の大学生の実態、それを突破しようとして行なってきた岩田先生の実践は、タイトルとは逆に、学校教師側に授業の取組みのヒントになると思われます。

感想
・本書で取り上げられている実践は、経済教育ネットワークの部会や大会などで紹介されたものが多くあり、あらためてそれらの実践を読み直し、著者の先生方の研鑽ぶりを確認することができました。
・個人的には、「はじめに」と11章で書かれている裴先生の論考が参考になりました。
「はじめに」では、日本の経済教育の特徴を四点にまとめられていて、紹介者との問題関心が近く、特徴が的確にまとめられていることに感心しました。
・11章で紹介されている韓国の経済教育は、アメリカの経済教育の方法をストレートに受け入れたもので、日本との違いが際立っていることが指摘されています。韓国の経済教育の現状や到達点を見ることで、日本の経済教育の在り方が逆に照射されるのではという感想をもちました。
・本のタイトルが『序説』となっています。これからの研究や実践を期待したいところです。

(経済教育ネットワーク  新井 明)

内容の概略
・発展途上国の開発問題や貧困、教育問題の解決のためのランダム化比較実験を通した研究によって2019年のノーベル経済学賞を受賞した三人(上記二人の他マイケル・クレマー)のうちの二人による受賞第一作と銘打たれた本の翻訳です。
・ノーベル経済学賞といえば、新古典派の経済学者の受賞者が多いのですが、この三人は開発経済学という貧困や格差を対象とするジャンルの研究者であると同時に、若い(50代、40代)経済学者の受賞は、驚きをもって迎えられました。
・その受賞者の二人が書いた本が、紹介する『絶望を希望に変える経済学』です。

・内容は、以下のとおりです。
1 経済学が信頼を取り戻すために
2 鮫の口から逃げて
3 自由貿易はいいことか?
4 好きなもの・欲しいもの・必要なもの
5 成長の終焉
6 気温が二度上がったら…
7 不平等はなぜ拡大したか
8 政府には何ができるか
9 救済と尊厳のはざまで
結論 良い経済学と悪い経済学

・2と4のタイトルがちょっとわかりにくいのですが、2では移民問題が、4は、政治システム、差別、情報など社会生活全般が取り上げられています。そうすると、内容的には、移民、自由貿易、差別、成長、地球環境、不平等という現代の課題が取り上げられている事がわかります。
・そして、最後に政府の役割が問われるという内容です。
・つまり、この本は現代世界、そして在住しているアメリカの重大問題を経済学者としてどのように考えているかをストレートに書いた本ということになります。

授業で使えるところ
・中学でも高校でも、現代社会の諸問題の箇所のテーマに関する授業準備の書として使えるでしょう。
・ただし、これをそのまま生徒に読ませるとか、資料として提示するためではなく、授業者がそれらの問題をまず自分の頭で整理し、問題意識を研ぎ澄ますためのテキストとすると良い本です。
・例えば、7の不平等では、ラッダイトというタイトルでAIによる失業増大の懸念から話がはじまり、自動化の制御問題、そこから転じて新自由主義による再分配政策、トリンクル理論、ハイテク革命によるネットワーク効果、金融界の高額報酬、税率問題、タックスヘイブン…と続いていきます。
・内容豊富で、著者の論理を追いかけるだけでも大変ですが、それでも、包括的に現代の格差問題の発生から現状までを考える手がかりは提示されていることがわかります。
・そこからそれぞれのエピソードに関する教科書の記述を比較して、現実を提示することができるでしょう。

感想
・原著のタイトルは、Good Economics for Hard Timesです。自分たちの経済学はGood Economicsとされています。当然、批判の対象はBad Economicsで新古典派の経済学や新自由主義政策を主張するエコノミストです。
・自分たちをGoodとする点で、ある意味すごい自信であるとともに、それだけ現代がHard Timesであり、パラダイムの転換が求められているということでもあるということでしょう。
・それは、「ごく最近の経済学研究の成果には、目を見張るような有益なものが実に多い。テレビに登場する「エコノミスト」の軽々しい説明や高校の教科書の古くさい記述しから知らない人は、きっと驚くに違いない。」という記述からもうかがえます。
・また、「かつて存在していた社会契約が急速にほころび始めている」という指摘や、「持てる者」と「持たざる者」との対立が深まるばかりという焦燥感にも似た問題意識に共感するところが大いにある本でした。
・それ以上に、「最新の成果は、重要な議論に新しい光を投げかけてくれると信じる」という著者に、経済学者としての矜持と希望を感じさせる本でした。                                                 (経済教育ネットワーク 新井 明)

                                                    

内容の概略
・図説で一番使われているのは『国勢図会』だろうと思います。毎年改訂されて、教科の予算で必ずといっていいほど購入されているものです。
・今回紹介するのは、それとは違い、数年に一度改定される新書の図説です。第3版が2012年の刊行だったので、8年ぶりの改訂ということになります。
・全体は10章に分かれていて、各章が見開きで9つの図表と解説、最後の10節が半ページの総括という構成です。
・目次を紹介すると、
 1 世界経済の輪郭
 2 国際貿易
 3 国際金融
 4 多極化、地域統合と貿易摩擦
 5 指令経済と途上国の市場経済化
 6 デジタル・エコノミーの拡大・深化
 7 人口・食料・エネルギー・資源
 8 地球環境保全
 9 経済危機
10 世界経済の構造変化 となっています。
・目次でわかるように、国際経済を教える前に、現状を概観して世界経済の動向と問題点を頭のなかで整理するには大変都合のよい本となっています。
・出たての本なので、「中国発、新型コロナショックで世界経済はどうなるか」という腰巻きの文章のように、新しい事態も一端ですが取り上げられています。

授業で使えるところ
・二つの使い方ができそうです。
 一つは、教えるための参考書です。例えば、今回の改定で入った6章のデジタル・エコノミーに関してはコンパクトでありかつこの10年の大きな変化を捉えることができ、教材づくりの参考になります。
 もう一つは、図解や解説の書き方の参考にすることができます。図解に関しては、もし自分が活用するならどこが使えて、逆に使えないのかを確認するとよいでしょう。解説に関しては、700字から800字(1ページ44字×16行)で、あるテーマを書くことができるかを試してみるために使うとよいでしょう。これは自分に対するテストであると同時に、小論文を指導するときの参考にもなります。

感想
・この種の本は、鮮度がいのちです。すぐに使えなくなります。仕方ないところですが、それでも時代を超えた普遍的な部分は何かを考える手がかりになります。
・手許に第3版があれば、記述やデータを比較してこの10年の変貌を確認するという手もあります。
・ちなみに、姉妹書の『日本経済図説第4版』の刊行は2013年。もはや使えない本なのでおそらく改定中でしょう。これもどのように登場してくるか楽しみです。      (経済教育ネットワーク  新井 明)

内容の概略
・大竹先生の近著です。タイトルどおり、行動経済学の知見がいかに活用できるかを具体的に提示した本です。
・全体は8章に分かれています。
 第1章 行動経済学の基礎理論
 行動経済学の特徴を、プロスペクト理論、現在バイアス、社会的選好、  ヒューリスティックの四つにまとめています。
 第2章 ナッジとは何か
 本書の中核となるナッジに関する概観です。以下は、その応用例になります。
 第3章 仕事のなかの行動経済学
 第4章 先延ばし行動
 第5章 社会的選好を利用する
 第6章 本当に働き方を変えるためのナッジ
 第7章 医療・健康活動への応用
 第8章 公共政策への応用

どこが使えるか
・ネットワークでも昨年(2019年3月)の「経済教室」で行動経済学をテーマとしました。行動経済学の事例は生徒にとって意外性があり、ネタの宝庫です。クイズ方式でもよし、ナッジの事例を探そうというような形で問いかけても良いでしょう。
・労働や福祉、税の問題、新たに課題となっている防災教育などでも事例や考察のテーマとして使える箇所がたくさんあります。
・生活指導面でも、「わかっているけれどできない事例」をあげさせて、その対応を考えさせることができるでしょう。

感想
・大竹先生は現在、新型コロナに関する専門家会議の臨時メンバーとのことです。ナッジを使って「あなたが三密状態を避けることが、周りの人の命をたすける」というメッセージを発することが有効との見解を発表されています。
・ハラルの本がマクロの対応に対して、大竹先生のこの本はミクロの対応です。両者があいまって、コロナショックを乗り越え、その後の社会を展望することができるのではと感じます。

                                                (経済教育ネットワーク 新井 明)

内容の概略
・『サピエンス前史』で人類の歴史を扱い、『ホモデウス』人類の未来を扱って話題になったイスラエル生まれの歴史学者が、現代及び近未来を対象として21のテーマで、現代の私たちが直面している問題を扱っています。
・21のテーマは大きく五つに分類されています。
Ⅰはテクノロジーの難題のタイトルで、幻滅・雇用・自由・平等の4つが扱われます。
Ⅱは政治の難題で、コミュニティ・文明・ナショナリズム・宗教・移民の5つが、
Ⅲは絶望と希望で、テロ・戦争・謙虚さ・神・世俗主義の5つが、
Ⅳは真実で、無知・正義・ポストトゥルース・SFの4つが、
そして最後のⅤはレリジエンス(対応)で、教育・意味・瞑想の3つが扱われ合計21となっています。
・直接経済に関するテーマが登場しているわけではありませんが、ハラリが現在の直接の危機としている、核戦争、生態系、テクノロジーの三つはいずれも何らかの形で経済と関係があるとみることができるでしょう。また、自由を扱った箇所では自由主義のセットメニューとして経済問題が登場します。

授業で使えるところ
・多くのテーマが、高校の「現代社会」「公共」の内容とオーバーラップしています。格差、情報、環境、労働などの学習でそのままハラリの問題提起を生徒と一緒に考えることができるでしょう。
・もちろん、「政治・経済」でも「倫理」でも扱える素材が沢山でてきます。(例えば自動運転の問題など)
・中学校でも、同様に扱うことができるでしょう。

感想
・マクロ的、人類史的に今の世界がどこに進もうとしているのかの大きな展望を得ることが出来る本でしょう。社会科や公民科がこまかなテーマ主義におちいって見えなくなってしまった視野を回復するヒントがある本だと感じます。
・今回のパンデミックに際して、アメリカのトランプ政権がWTOへの拠出を停止したことに対して、ハラリは100万ドル(約1億円)をWHOに寄付したそうです。思索するだけでなく、行動する思想家です。
・3月31日の日経新聞に「全体主義的監視か 市民の権利か」のタイトルで寄稿しています。また、NHKのEテレ特集のインタビュー(4月26日放映)にも登場して、現在のパンデミックとそれへの対応を語っています。     

                                          (経済教育ネットワーク  新井 明)

・著者岩村氏は日銀マン出身、現在早稲田大学教授

内容の概略
・サブタイトルが「グローバリズムの不都合な未来」となっていて、現在世界を覆っているグローバリズムがなぜ発生したのかを、主に金融面から歴史的にたどり、現状を分析、今後を展望しようとする本です。
・全体は6章に分かれていて、
 第1章 それらは19世紀に出そろった
 第2章 グローバリズムと分岐した世界
 第3章 競争の海に落ちる国家たち
 第4章 人々の心に入り込む企業たち
 第5章 漂流する通貨たち
 第6章 地獄への道は善意で敷き詰められている となっています。
・1,2章はグルーバリズムの歴史と現状をひろく概観、その上で、3章で国民国家、4章で株式会社、5章で現代の通貨を取り上げて、問題点を分析して、6章で展望と警告を出という構成です。
・サブタイトル、章のタイトルをみれば分かるように、現状批判、将来は危ない(中間層の崩壊、GAFA特にAとFによる人間精神や行動の支配)と主張している本です。

授業で使えるところ
・本書への批判の書き込みに「雑学の寄せ集めにすぎない」というものがありましたが、逆に、だから役立つ要素を持っている本です。
・現代をどのように捉えるか、ストーリーをもって時代や変化を捉え直す、きっかけになるはずです。政治でいえば、ホッブスもロックもルソーも登場します。経済では、スミス、リカードなどが登場。金解禁も高橋財政も登場します。金融が中心ですが、その枠をこえて著者の歴史観や時代観がわかります。当然、これは一つの考えですから、読み手は肯定的にも批判的にも突っ込みをいれながら読んで、歴史や公民の教科書ではなかなか得られない大きな物語としての歴史、時代をこんな風にまとめるやり方もあるのだという参考にすることができます。また、この本に登場する多くの思想家や出来事に関して、さらに専門書を読んでその知見を広めることもできます。
・話題のGAFA、ピケティ、仮想通貨、MMTなども扱われています。これで全貌がわかるわけではありませんが、ビビッドに現代のトピックスを生徒に紹介できるでしょう。
・コラムが46もあって豊富です。即使えるエピソードが発見できるかも知れません。

感想
・岩村氏は紹介者と同世代。時代感覚や現代の捉え方に似たところを多く発見できて個人的には共感しましたが、はたして若い先生たちはこれを読んでどう感じるか、議論してみたいところです。
・「ビッグブラザー」と聞いて、何を想像できるか、そのあたりがこの本への評価を分けるリトマス試験紙になるかも知れません。

(経済教育ネットワーク 新井明)

坂井豊貴『暗号通貨vs.国家』SB新書

 「多数決を疑う」の坂井先生の書いた暗号通貨の本。
 坂井先生は、ビットコインのマイニングに挑戦しているようです。
 新書版で気軽に内容が分かる本ですが、内容は結構深いところがあります。
 特に、暗号通貨の思想的なインパクトの大きさを指摘した箇所は検注目の価値ありというところです。
(経済教育ネットワーク 新井明)

新井紀子『AIに負けない子供を育てる』東洋経済新報社
 前著『AIvs 教科書が読めない子供たち』の続編。リーディングスキルテキストのサンプルが入っていて、自分のスタイルが分かる。(ちょっと恐いので私はまだ未挑戦)。こんな授業をすれば生徒の理解が深まるというサンプル授業を提示。
教員にとってハッとする指摘がたくさんでてくるが、一番は穴埋めプリントの意図せざる結果を指摘した箇所だろう。教員の善意とALを勧める施策、それと限られた時間の活用法として使われている穴埋めプリントの功罪、特にその罪を指摘した箇所は現場人間のとって痛い指摘だと思う。
 第9章での子どもの教育法では、エビデンスではない体験からの提案と断りつつ、教育実験が本来やってはいけない比較実験をやっているという批判的意識を踏まえた提言であり、ここも参考になる。
(経済教育ネットワーク 新井明)